忍者ブログ

blog

ブログ

2017.08.22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.09.29

最近停滞ぎみのブログ更新、1週遅れのネタになってきました。

先週末、実家に帰りました。
8月に兄に双子のおんなの子が生まれたので、初対面にわくわく
しかも1週間前に退院したばかりです。

まだ着れないだろうけど、早まって色違いのつなぎ&よだれかけを購入。
双子は何もかも二倍でが厳しい。はやくも馬鹿っぷりを発揮してしまった。
でもこども服って、超かわいいんです~

買ったお店はココ。フランスのこども服やさん
「Tartine et Chocolat(タルティーヌ・エ・ショコラ)」
http://www.tartine-et-chocolat.fr/accueil_fr.php


家に着くと、ちいさなCreatureが2つ、ピンクのふとんの上に寝ておりました。
予想よりはるかにちいさくて、でもちゃんと爪もあるし睫毛もなんとなくあるし、やっぱり人間だわ~と感動。
そしてこやつら、2、3時間おきに「え~お~」と泣いてミルクをせがむのですよ

新米パパはちょっと世話をしたくらいで疲れて熱がでたそうで、
私と母が双子をあやしている間、ぐっすり寝ておりました。どっちがこども?
新米ママも「さっきあげたばかりだから、あんまりミルクあげすぎたらいけないかなぁ。」と
まだまだ困惑気味でしたが、おむつを替える手つきはしっかりしたもの。
がんばれ、二人とも~。

私はお世話が楽しすぎて、小島よしおのネタをしながらあやしたり(おっぱっぴー)、
双子の見分け方を研究したりしておりました。
ああ、赤ちゃんってミルクのにおいがするなぁ。

犬のマロンはいつもは遊んでと駄々をこねるのに、赤ちゃんが来ている間はおとなしくしていました。
その姿がいじらしかったので、ひさしぶりに飛行場に連れて行って、おもいっきり遊んであげました。
マロンははしゃぎすぎて私に追突してきました。痛いぞー

姪っ子と遊んで、犬と遊んで、とってもしあわせなウィリアムでした。
banner_04.gif

PR
2007.09.16

本格的にオペラシーズン開幕~
というわけで本日は、キエフオペラの『リゴレット』を観に行ってきました。
なんやかんやで、だいぶ久しぶりのオペラ

ジルダの「慕わしい人の名は」もとても好きだけど、
やはり「女心の歌」は良いですね~
「ラ~ ドンナ エ モビレ~」と、伯爵でなくともついつい口ずさんでしまう。
しかし、救いようのないストーリー。
復讐は悲しみしか生み出さないのですよね。

その後、友達と久々に再会し(3ヶ月ぶり??)新宿でゴハン。
イタリアンでしたが、前菜・パスタouピザ・メイン・デザート・Cafeと、盛りだくさん。
この夏さらに小さくなった私に、「もっとお食べ」とピザをいっぱいお皿にのっけてくれました。
お、おなかがいっぱいです

おススメの本をいろいろ聞いたので、今読んでる『王妃マルゴ』の次に読もうっと。

iconicon
死者を起こせ icon
個性派歴史学者3人がいい味を出してるらしい。

iconicon
高慢と偏見 icon
とっても恋愛小説。イギリス文学までなかなか到達できない・・・

iconicon
フェルマーの最終定理 icon
数学ノンフィクション。泣けるらしい。

Mちゃん、またおススメあったら教えてね。
banner_04.gif


2007.08.12
セブンアンドワイで、アニメDVD30%オフセールをやってました
北斗の拳とか、ドラゴンボールとか、ベルばらとか、ウィリアムの好きなアニメもいっぱいあった~
最近いいアニメないなぁ、なんて思いながら見てたら、面白そうなアニメを発見。
その名も「シュヴァリエ」

iconicon 
シュヴァリエ livre I icon

内容は、「18世紀のフランスに実在した美貌の天才騎士デオン・ド・ボーモンの生涯を綴ったゴシックミステリー」とのこと。
実在した人らしいので、Wikiで調べてみたところ
「スパイ。その服装のため女性として通っていたことで有名。しかしながら死の際、医師たちによってその体構成は完璧に男性だったと認められた」
・・・だ、そうですよ。
フランス版やっくん・・・??

いまなら、セブンアンドワイでこのアニメのサイン入り台本当たります。
サイン入りグッズプレゼントキャンペーン icon 


豆知識ですが・・・
フランス文学とか読む時、爵位を知っていると便利です。
公(Duc)・候(Marquis)・伯(Comte)・子(Vicomte)・男(Baron)と偉い順に覚えましょう。
騎士(Chevalier)は男爵の次の爵位です。
ベルばらのオスカル様のお宅(ジャルジェ家)は伯爵でしたね~

あと、貴族の名前には「ド(de)」がつきます。意味は「~家の」
オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ
デオン・ド・ボーモン
・・・ちゃんとついてます。

爵位廃止後の今でも、この法則は根強く残っています。
シャルル・ド・ゴール
ドミニク・ド・ビルパン
・・・なんかもそうですね。

ドイツ語では「フォン(Von)」になります。
ヘルベルト・フォン・カラヤン
・・・みたいに。

とりあえず「ドのつくフランス人」には気をつけましょう。


banner_04.gif

  BackHOME 
フリーエリア
DHCオンラインショップ

サントリーウエルネスオンライン

アウトドア&スポーツ ナチュラム

ニッセン

マクロミルへ登録

ベルメゾンネット



たまひよ&すっくのネットショップ

じゃらんnet

Scroll Shop(旧:ムトウOn-line Shop)

ミキハウス

トイザらス・ベビーザらス オンラインストア

セブンネットショッピング>本


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ウィリアム
性別:
非公開
アクセス解析

blog wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]